8月29日(火):不審者対応訓練

 金沢警察署スクールサポーターの指導のもと、不審者対応訓練を実施しました。
 今回は、小学部の体育の授業中に不審者が侵入し刃物で襲ってきた、という想定でロールプレイを行い、その後に不審者への対応について振り返りながらグループに分かれて話し合いました。椅子で身を守りながら対応できたこと、長机で距離を取りながら防犯スプレーを使うことができたこと、とっさに声を出すことができなかったこと等があげられました。
 警察署員による講話では、非常ベルや職員全員が身に付けているホイッスルでいち早く応援を呼ぶことや、机や椅子などの身近な物を使って被害を最小限にすること、携帯している防犯スプレーで相手の視力を奪うこと、といった対応のポイントを教えていただきました。また、備えてある「さすまた」の効果的な使い方も学ぶことができました。
 不審者から児童生徒の安全を守るためには、正しい対応方法を身に付けることも大切ですが、まずは、不審者を校内に入れないことです。そのために、言葉をかけることが大事なことです。これからも日頃から安心・安全な学校づくりを進めてまいります。

不審者対応ロールプレイ グループ討議の発表 さすまた活用法のデモンストレーション


教職員DIG訓練

 7月31日(月)に教職員対象のDIG訓練を行いました。DIGは災害図上訓練とも言い、避難所・防災倉庫・病院などの資源や危険が予測される場所を地図上に書き込み、オリジナルのハザードマップを作りつつ、防災対策をより深く検討していく訓練です。
 年数回の避難訓練により、学校で地震が起きた時は「机の下にもぐる・ヘルメットをかぶる・2階へ逃げる」という行動をスムーズに行うことができています。しかし、近隣校外学習中に大地震が発生した時は場所によって状況が異なるため、臨機応変な対応が求められます。そこで、今回の訓練ではいざという時に素早く動けるよう「近隣校外学習中に大地震が発生した」という想定で、学部・部門別に災害発生時の行動や避難経路について、市や区が発行した防災マップを使って話し合いました。
 いざという時には落ち着いて適切な行動ができるよう、日ごろから防災への意識を持ち続けていきます。

DIG研修に使用した地図など DIG研修の様子


平成29年度 金沢養護学校 教材教具展

日時
7月24日(月)〜8月3日(木) 9:00〜17:00
場所
本校2階 職員室前廊下および中学部知的障害教育部門3年教室前(プレイホール)
内容
各教科等の授業で使用している教材・教具の展示

*会期中はご自由に見学できます。公開講座(8月1日〜3日)終了後の30分間は、展示場所で係が質問等にお答えします。

教材教具展


中学校教員対象の進路説明会終了のお知らせ

平成30年度生対象学校見学会及び、中学校教員向け進路説明会は終了しました。ありがとうございました。



    神奈川県立金沢養護学校   
金沢シーサイド学園