本校の教育

知的障害教育部門

肢体不自由教育部門

本校のミッション



学校のミッション

 肢体不自由教育部門・知的障害教育部門の特別支援学校として、児童・生徒の自立と社会参加に向け、一人ひとりの障害の状態に応じた就労の取組を促進し、小学部・中学部・高等部を通して、キャリア教育推進のための、一貫した教育を行う。医療ケア等を必要とするなど、多様な教育ニーズのある児童・生徒の、登下校を含む教育活動全般について、安全に実施する校内体制の整備をすすめ、個々の障害及び健康等の状況に併せた専門性の高い指導を実践する。加えて、実践を積み重ねてきた「キャリア教育」の視点などにより、一層の授業の改善を図る。
 また、共生社会の実現に向け、センター的機能を発揮し、地域の各学校における支援を必要とする児童・生徒等への教育的ニーズに応じた効果的な支援を行うとともに、これらの学校と交流及び共同学習を通した、障害のある児童・生徒と障害のない児童・生徒との相互理解を図る。



学校教育目標

<めざす学校像>
  ○横浜南部・横須賀北部地域の子どもたちが皆、支援教育を受け、自立と社会参加の基礎となる「生きる力」を身につける学校にする。
<めざす子ども像>
  ○自分が持っている力を発揮する子ども
  ○希望と適性により進路選択する子ども



計画作成時点での課題

(1)医療ケア対象の拡大
 医療ケア対象者数が増加し、人工呼吸器の使用等これまでにない医療ケアが必要となっている。教員のケアの質を高めるとともに、医療ケア対応の質的な転換が課題である。

(2)後期中等教育の多様化
 高等部に、集団に適応しにくい、発達障害や精神的な疾患を伴う、知的障害が軽度である、など多様な生徒が入学している。学習要求に合う集団の形成、多様なカリキュラムの編成、生徒指導上の問題発生時の組織的な対応が課題である。

(3)防災の充実
 移動する力が弱い子どもを火災、地震や津波から避難させ、守る方法を複数準備することが課題である。



    神奈川県立金沢養護学校