6ヶ月以内の行事の様子についてお知らせします

<津波避難訓練の様子>

 7月2日(月)に、「地震発生後に津波が来る」という想定で津波避難訓練を行いました。 訓練用の地震速報が流れると、児童生徒はヘルメットや防災頭巾をかぶり、素早く身を守る体勢をとることができました。 その後「津波警報が発表」という放送が入ると、前回の火災避難訓練で学習した「おかしも(さない・けない・ゃべらない・どらない)」を守って2階へ避難しました。 地震発生から15分ほどで、全児童生徒の避難は完了しました。
 避難訓練の前日には、教職員のみで車いすを2階まで引き上げる練習も行いました。 そのため、当日はスムーズに車いすを移動させることができました。 また車いすを引き上げている間、各クラスで「防災カード」を使った防災教育も行いました。
 万が一の時には訓練を思い出し、素速く安全に避難できるよう、防災について繰り返し学習を行っていきます。

津波避難訓練の様子


<火災避難訓練の様子>

 本校では万が一に備え、火災避難訓練を年1回、地震避難訓練を年4回(うち、抜き打ちで行うものが2回)行っています。
 5月28日には、厨房から出火した、という想定で火災避難訓練を行いました。全教室に、避難経路図と避難の心得(押さない、駆けない、喋らない、戻らない)が掲示されていて、事前に各クラスで避難方法を確認してから訓練に臨みました。当日は、避難指示の放送が入ると、ヘルメットを被り、口にハンカチをあてた多くの児童生徒が落ち着いて素早く移動を始め、7分ほどで避難場所のバスロータリーへ逃げることができました。
 避難の様子は、金沢消防署の方にも観察していただき、避難のポイントについてアドバイスをしていただきました。訓練の成果を発揮する場面が起きないことが何よりですが、万が一の時には、訓練を思い出し、素早く行動ができるように教員一同心がけていきます。






  • サイトポリシー
  • ▲トップページへ
    • 神奈川県立金沢養護学校   
    金沢シーサイド学園