6ヶ月以内の行事の様子についてお知らせします

<小学部知的障害教育部門4年生 『上郷・森の家』宿泊学習>

日時:平成29年10月11日(水)〜12日(木)
場所:「市電保存館」、「バーミヤン 新杉田店」、「上郷・森の家」

 晴天に恵まれ暑い日の中、スクールバスに乗って「市電保存館」に行きました。「市電保存館」ではレバーを操作して、運転手になって遊ぶ「シュミレーションゲーム」などを楽しみました。「バーミヤン」での昼食後は、路線バスに乗って「上郷・森の家」へ。そこでは、お風呂に入ったり、みんなで夕食を食べたりしました。
 次の日は、みんな元気に起床。布団を片付けたり、朝食をとったり、玄関前で記念写真を撮ったりしました。そしてスクールバスに乗って学校に戻りました。
 二日間無事に宿泊学習を終えることができ、充実した体験活動ができました。

市電保存館シミュレーター 市電保存館 宿泊施設の様子


<高等部知的障害教育部門1年生 宿泊>

日時:9月14日(木)〜15日(金)
場所:野島青少年研修センター

 高等部に入学してから、初めての宿泊学習です。
 展望台のある野島山の頂上まで登った後、メインイベントの「野島カリー」作りに取り掛かりました。学校で事前に練習した成果を発揮し、落ち着いて野菜を切ったり、ルーをかき混ぜたりし、予定通りの時間に仕上げることができました。皆、自分で作ったカレーに大満足の様子でした。
 「キャンドルファイヤー」では、暗いビジターホールに一つひとつ火が灯り、歌あり、ダンスありで、みんなで盛り上がりました。高等部1年としての一体感が高まった時間でした。

野島山展望台での様子 キャンドルファイヤーの様子


<地震津波避難訓練の様子>

6月30日(金):地震避難訓練(津波想定)

今回は、震度6程度の非常に強い地震が起き、その後津波警報が発令される、という想定で行いました。訓練用の緊急地震速報が鳴ると、児童生徒は机の下などの安全な場所で揺れが収まるまで身を守ることができました。その後、津波に備え全員が校舎2階(海抜7.8m)へ避難しました。地震の際はエレベーターが使えないため、車イスを使用している児童生徒は、教員が持ち上げ階段を使って安全に移動することができました。今回の訓練に先立って、教員のみで人が乗った車イスを持ち上げる体験研修を行い、注意点の共通理解を図ったことで、訓練当日はスムーズに取り組むことができました。
 2階へ避難した後は、それぞれのクラスで防災ビデオ等を活用し、「防災教育」を行いました。災害は、避難訓練と違って予告なく襲ってきます。いつでも落ち着いて自分たちで身を守れるよう、今後も避難訓練に加え、年間を通しての「防災教育」を進めていきたいと考えています。

車椅子を教員が持ち上げる訓練の様子 車椅子を持ち上げ階段を上る避難訓練の様子


<小学部知的障害教育部門・1、2年生遠足>

日時:6月14日(水)
場所:神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)

1、2年生21名で元気に行ってきました。ファンタジー展示室では、壁に触れると音が鳴ったり、ボタンを押すと映像が流れたりと、「ふしぎ!」「びっくり!」と子どもたちの感覚を刺激する展示物がたくさんありました。また、トランポリンでたくさん身体を動かしたり、2年生は民族衣装を着て写真を撮ったりするなど、盛りだくさんの1日でした。

小B12遠足1 小B12遠足2 小B12遠足3





  • サイトポリシー
  • ▲トップページへ
    • 神奈川県立金沢養護学校   
    金沢シーサイド学園